外資系OL Chloeのゆるブログ

東京在住、外資系企業に勤める30代OL、アメリカ人彼氏と同棲中。日々考えたことや体験したことをゆるーく発信するブログ。

【ホットクック】野菜たっぷりビーフスープ

こんにちは、Chloeです。

 

最近お料理記事が続いていますが、

今日も懲りずに(笑)、お料理トピックです。

 

ホットクックで作る野菜たっぷりビーフスープ

元々は↓で書いた『ホットクックで作る野菜スープ』に最近どうも飽きてしまい💦

chloehappylife.com

 

ベーコンもコンソメも加工食品だからあまり使いたくなく、

そうすると野菜と塩だけなのでどうも旨味が足りないというか、

味があっさりしすぎるのです…。

 

やっぱり旨味成分のグルタミン酸とかイノシン酸が必要??

ということで、グルタミン酸は野菜&きのこ(しめじ)

イノシン酸は牛肉で補充することにしました。

 

材料

トマト 1個

玉ねぎ 1個

人参 1本

しめじ 半パック

じゃがいも 2-3個

キャベツ 1/8-1/4玉

とうもろこし 1本

牛肉 150-200g

 

材料はお好みで増やしたり減らしても良いと思います😊

我が家は牛肉多めです💦

これで1.6Lのホットクックはいっぱいになります。

f:id:chloe_puni:20210906181440j:plain

 

作り方

ホットクックは約2年前に購入した1.6Lのモデル『KN-HW16D』を使っています。

 

 

ホットクックの内鍋については何度もこのブログでも書いているのですが、

フッ素加工の内鍋を単品購入て使っています。

洗うとき超絶楽なので、フッ素加工激推しです!

 

 

1. 野菜と牛肉をホットクックに投入:

お好みの切り方でOKと思いますが、

私は野菜は小さめの角切りサイズに、牛肉は一口サイズにカットします。

ホットクックの内鍋に切ったものからどんどん投入。

 

2. 水を加える:

スケールで野菜の重さを測り、

野菜と同じくらいの重さの水を加えます。

 

具沢山で水分少な目がお好みであれば少し少な目の水でも良いと思います。

 

私は3kgまで測れるタニタのクッキングスケールを使っています。

300gまでなら0.1g刻み、300-1500gまでは0.5g刻みで測ることができます😊

 

 

3. 塩を加える:

野菜+肉+水の重さの0.6%の重さの塩を投入。

野菜+肉と水が大体同じ重さと考えて、野菜+肉の重さの1.2%と考えても良いです。

 

水まで加えると3kgをオーバーして、

上記のタニタのスケールだと測れない場合もあるからです💦

 

塩は勝間和代さんもおすすめの『わじまの海塩』を使っています。

少々割高でも上質な塩を使うのがお気に入りです✨

やっぱり味が違う…。

 

 

材料を全てホットクックに入れるとこんな感じです。

内鍋回りに飛び散っててすみません💦写真撮る前に拭けばよかった…。

f:id:chloe_puni:20210906183734j:plain


4. No.080『野菜スープ』コーススタート:

ヘルシオで『野菜スープ』を選んで、ポチッとスタート!

約25分で完成です。

f:id:chloe_puni:20210906183904j:plain

 

出来上がりはこんな感じです✨

しっかり旨味のあるスープができました😊

f:id:chloe_puni:20210906184046j:plain

 

お好みでブラックペッパーをかけてもOK!

f:id:chloe_puni:20210906184059j:plain

 

東京も8月終わりから随分涼しくなってきましたが、

これから秋冬と寒い時期には絶対リピートするスープになりました🥰

 

野菜もたくさん取ることができますし、

何より加工食品が一切入っていないので安心して食べられるかと思います。

 

ぜひお試しください😊